全部委託と一部委託

積み木

現在投資としてマンションを所有している場合、これを管理するのはなかなか大変なことです。1棟だけ所有していれば全く管理できないわけではありませんが、投資家の場合には複数のマンションを所有している可能性があります。この場合一人で全部管理するとなれば、膨大な時間を管理に費やすことになり投資の目的を見失ってしまう可能性があります。そこで、マンション管理会社にお願いして、マンションの管理をしてもらうのがよいでしょう。ただ、マンションの管理といっても全部委託と一部委託があります。全部委託とは、すべて一括で管理してもらうため管理組合の役員負担が少なくなります。また、一括して管理してもらうため管理の質も良くなるでしょう。一方で一部委託の場合には、管理費用を削減できるといったメリットがあります。

どのように活用したらよいか

マンション

マンション管理会社を活用する場合のポイントの一つは、無駄を省きオーナーの負担を減らすことです。昔のように、オーダーがすべてマンションの管理をしているとなれば、それだけで1日の大半の時間がなくなってしまうでしょう。投資として行う場合には、本業を持っている人も少なくありません。また、不労所得を得るために投資をしている人も多いです。せっかく不労所得を得ようとしているのに、マンションの管理だけに1日の半分の時間を費やしてしまうとすれば、そもそもマンションに投資をした意味がなくなってしまいます。この場合、自分の代わりにマンション管理会社がすべてを管理してくれるためオーダーの負担がほぼなくなり海外旅行なども自由に行くことができます。

難しい業務を任せることが可能

間取り図

投資家としても、マンションを管理することをすべて否定的に考えている人は少ないでしょう。中には、自分の持っているマンションを定期的に見まわりしたいため、掃除などを自分で行う人もいます。それ以外でも、点検などを行いマンションの大規模修繕の時期などを把握するようにしている人もいます。ですが、マンション管理のすべてを得意としている人は少ないでしょう。例えば、多くの人が苦手としているのはお金の管理になります。男性の場合、お金の管理をする人が苦手な傾向がありますので、下手に自分でお金を管理してしまうと、間違えた家賃を請求したり、赤字になっていることに気がつかずに困惑したりすることもあるでしょう。この場合には、お金の管理はすべてマンション管理会社に任せる方法があります。これにより、お金の管理をせずに済み余計な負担を減らすことが可能になります。苦手な業務だけをマンション管理会社に任せる「一部委託」をすれば問題解決につながるでしょう。